セミの羽化

今年は蝉の初鳴きが早かったので、もう少し早く羽化が見られるかと思ったのですが思ったより遅れました。とは言っても、例年よりはちょっと早いのですが。

隣の文化会館を見て回ったら、蝉は成虫の羽音は聞こえていましたが幼虫は見つかりません。抜け殻は日に2つほど増えてゆくので、今日辺り見られるかと思ったのですがちょっとがっかりでした。

少し足を伸ばして図書館の植え込みを覗くと、いました。
クマゼミです。

伸びた翅はまだ体側に添っていませんので、伸びきってまだそれほど時間は経っていないようです。

浅間大社境内を一回りして戻ると、羽根が体側に添い畳まれていました。

このまま朝までぶら下がっていると、体色が真っ黒に変わります。
真っ黒な体に金色のうぶ毛がまたきれいな物です。
そこまでは付き合えないので帰りました。

いよいよシーズンです。
これからはもっと数が見られるようになりますので、楽しみです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする