宮おどり

概要

宮おどりは平成4年に富士宮市制施行50周年記念事業として創作された新しい踊りです。
毎年、8月第一土曜日の翌日曜日に市民約6,000人が参加し、市内の目抜き通りは昼から夜にかけて踊り一色となります。
関連イベントとして、平成30年8月3日(金)~8月5日(日)にかけ、富士宮市本町商店街で「七夕まつり」も行われます。

富士宮市観光課サイトより

ギャラリー

ムービー

平成24年宮おどりのフィナーレ、総踊りです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする