富士宮弁

地元の言葉使ってますか?

富士宮弁と解説 anchor.png Edit

あ行

いかい
 大きい
行かざー
 行きましょう
いじくる
 いじる
うみゃー
 うまい
うらっぽ
 先端、「さきっちょ」とも言う。
えみがいる
 ヒビが入る
おぞい
 粗末な
おやす
 壊す (用例)体をおやす。

か行

かじる、かじくる
 搔く、引っ掻く
かてる
 仲間に入れる
がらい
 はだって(わざと)の反義語 故意でないこと
ぐしゃる
 ぬかるむ
こずむ
 沈殿している
こば
 端っこ 「こばっちょ」ともいう。
こわい
 固い

さ行

さもない
 大したこと無い
しなす
 未熟な実(茹で落花生は、しなすが美味い)
しゃばける
 破ける より強調すると「ひっちゃばける」になる。
~じゃん
 ~でしょう
しょろしょろ
 のろのろ、ぐずぐず、 (用例)しょろしょろすんな!
ずない
 きつい、気が強い
すびる
 腫れが引く、萎びる
すらつかい
 怠け者

た行

たこる
 さぼる
~だら
 ~でしょ (ゲストさん投稿)
ちっとらっつ
 少しずつ
ちょうきゅうな
 満足な
ちょれー
 生意気
ちんぶりかく
 ふてくされる
とぶ
 走る

な行

のっくむ
 飲み込む

は行

はだって
 わざと
はぶ
 仲間はずれ
ひどろしい
 まぶしい
ひゃっこい
 冷たい (ライムさん投稿)
ぶきっちょ
 不器用
へんぽらい
 変わり者、変人、偏屈な人

ま行

まみや
 眉毛
みるい
 柔らかい

や行

やっきりする
 いやになる
やんでく
 歩いていく



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする